今度の未来世紀ジパングで取り上げられるのは東日本大震災でも注目を浴びた缶詰パン。

3年経っても「フワフワ」の食感と味が人気の備蓄食「奇跡の缶詰パン」である。

子の奇跡の缶詰パンを作っているのが、栃木県にある「パン・アキモト」。

8月下旬にベトナムに初進出するという。

このパンを開発したのは社長の秋元義彦氏。

いったいどのような人物なのか調べてみることにした。

sc11_2

出典

スポンサーリンク





秋元 義彦氏プロフィール

1953年:栃木県黒磯町(現那須塩原市)生まれ

1976年:法政大学経営学部卒業。

1978年:東京・永福町のパン店で2年間の修行の後、秋元ベーカリー入社

1996年:社長就任、「パンの缶詰」の発売開始。

2000年:社名を「パン・アキモト」に変更

東京新聞宇都宮支部所属の嘱託記者として活躍するほか、NBC(関東ニュービジネス協議会)や、法政キーマンズ倶楽部などのメンバーとして多彩な活動も展開する。

趣味は温泉巡り。

秋元ベーカリーをさかのぼると、その歴史は古い。

創業は昭和22年というから、戦前からある会社だといえる。

image

出典

奇跡の缶詰パンとは

奇跡の缶詰パンが生まれたきっかけは阪神・淡路大震災直後、被災者救援のため、トラックで焼きたてパン約2000食を運んだこと。

被災者の方々にはとても喜んでもらったが、一方で劣化したパンを大量に処分しなければならなかった。

そんな中、現地から

「乾パンのように保存性があって、食パンのようにおいしいパンがあったらいいのに…。作ってもらえないだろうか」

という声が届いたという。

秋元氏は早速試作に取り掛かる。

だが、冷凍や真空パックなど試してみたがうまくいかなかった。

そんな時、近くの農産加工センターにあった缶詰を作る機械をヒントに、パンの記事を缶に入れて焼き上げる方法を開発。

1年間の試行錯誤の上、パンの劣化を防ぎ、長期保存を可能にした「パンの缶詰」が完成したのである。

このパンの缶詰は、東日本大震災の被災地に約10万缶が送られた。

缶詰パンの海外の反応は

備蓄食として採用されている缶詰パンだが、当然賞味期限の問題が付きまとう。

そんな中、新しいパン缶を再購入することを前提に、納入先から賞味期限の切れる1年前、すなわち購入2年後に古いパン缶を回収し、無償で国内外の困っている人に提供するシステムを構築している。

同社の「救缶鳥(きゅうかんちょう)プロジェクト」である。

配られた国には人気があり、使われた缶は食器としても使われているという。

また、米国・NASAのスペースシャトルにも、パン缶は搭載された。

09年には、若田光一さんが国際宇宙ステーションに長期滞在するときにパン缶を持参し、乗組員の間で取り合いになるほど人気だったという。

おそらくどこの国でも受け入れられるに違いない。

 

ちなみに以前

original (2

出典

のようなパンが発売されたことがあり、その時の反応がすごい。

・スゲーな・・・日本って缶詰にまで萌えを求めるのか!?
・なんか想像と違ったわ(笑)
・軍用とかのレーション的なのを想像してたけど、なんか日本のは色々種類があって美味しそうだね^^
・昔缶詰のベーコンを食べたことあるんだけど凄くまずかったのを覚えてる。
ちなみにベトナムは色んな物の缶詰があるよ、ハンバーガーの缶詰まであるから。
・パン屋がオープンする前にパンを食べたくなった時にいいね。
・でも缶詰のパンなんて出来れば食べたくないんだが、やっぱパンは焼きたてがイイ(笑)
・これは非常用なのかな?
・まぁ日本は色んな自動販売機があるからパンの缶詰自販機があっても何も驚かないけどね。
・昔アメリカの軍隊でもパンの缶詰を取り入れてたよね。
こういうのは緊急の時の非常食としても非常に有用だと思うね。
・まぁパンの缶詰については特別目新しい物でもない、これは半世紀も前からあるものだしね。
・B&Mのブラウンパンはかなりオススメの缶詰パンだよ。
レーズンの奴にマーガリンを塗って食べるのは本当に最高なんだ!
・パンの缶詰に関しては特別珍しい物でもないが・・・。
だが萌えの要素を追求した缶詰パンがあるのは日本だけだと思うね(笑)
・確かにパンの缶詰は海外にもあるけど、でもアニメの要素を取り入れたり自動販売機で売ってるってのは結構凄いことだと思うけどな。
・日本はどの自動販売機でもHOTのドリンクが買えるのはかなり素晴しいよね。
・日本に行った時にスープのドリンクが自動販売機で普通に売ってたんだけど、それは本当に素晴しいと思った。
・クラナドのパンの缶詰メッチャ食べてみたい!
・アニメのカワイイ女の子を缶詰にデザインしちゃうとかやっぱさすが日本だな(笑)
・日本の缶のパッケージデザインは正直凄いと思う、アメリカは完全に負けてしまってる・・・。
・まさかパンの缶詰をオタクへ売りつけるこんな素晴しい方法があるとは思わなかった!
・日本のこういう商売のやり方は時々俺達の想像を超えてる来るよね。
・実は俺も秋葉原に行った時に美少女アニメのパンの缶詰買っちゃったわ(笑)
それが何なのかよく分からなかったけどカワイイ女の子が描かれてたからつい買ってしまったんだ。

引用:http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51841665.html

うーん、パンの缶詰の反応ではなく、これは缶の反応だったような気がする。