今度のカンブリア宮殿に登場するのは450年の歴史を持つ寝具メーカー「西川産業」の社長、西川八一行(やすゆき)氏である

超老舗企業でありながら、商品開発や販売方法、店づくりにも積極的な改革を行い、徐々にその成果を上げてきているという。

また、47歳という若さもそうだが、婿養子で元銀行員という異色の経歴も注目を集めている。

いったいどのような人物なのか調べてみることにした。

ah_nisi1.jpg

出典

スポンサーリンク




西川八一行氏プロフィール

本名:西川康行

生年月日:1967年9月生まれ(47歳)

出身地:東京都

学歴:早稲田大学法学部卒業

経歴:

90年(平2年)早大法卒、住友銀行(現三井住友銀行)入行。
95年西川産業入社。
96年取締役、
00年代表取締役副社長。

傍から見ると異例の出世だが、それには秘密があった。

西川八一行氏の正体は

西川氏は婿養子である。

そう聞くと、

「なんだよ、逆玉か。うらやましいなあ」

と思うかもしれないが、調べてみるとその素性は由緒ある家系である。

祖先は戦国武将の佐々成政の実姉。

佐々成政肖像(富山市郷土博物館蔵)

時代劇『水戸黄門』でおなじみの助さんのモデルとなった佐々宗淳の兄佐々勝朗を祖先に持つ。

母方の祖先は和田義盛と伝えられ、

和田義盛像

出典

祖母は文学博士和田万吉の娘。

出典

祖父は大正-昭和 時代の法学者,政治学者の佐々弘雄。

父は防衛施設庁長官や初代内閣安全保障室長をつとめた評論家の佐々淳行。

6271-2.JPG

出典

彼が指揮したあさま山荘事件はあまりにも有名。

突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]

突入せよ! 「あさま山荘」事件 Blu-ray スペシャル・エディション

ちなみに長男は三菱商事からIT企業起業し、次男は博報堂からフジテレビに進んでいる。

まとめ

普通の人の家系はウィキペディアでは調べられない。

番組では家柄のことも触れられるのだろうか。