今度の爆報!THE フライデーに登場するのは、元プロレスラーの木村健吾。

藤波辰巳や長州力が活躍していた時代の名プレイヤーだった。

彼らほどの派手なアクションではなかっため、子供たちからの人気はいま一つだったような気がするが、藤波との確執が激しくなるにつれ、盛り上がった記憶がある。

いったい今、どんな仕事をしているのか調べてみることにした。

木村健悟

出典

スポンサーリンク





木村健吾プロフィール

誕生日:1953年9月4日(62歳)

出身地:愛媛県

身長:186cm

体重:107kg

デビュー年:1972年

経歴:

1970年代後半 藤波辰巳とジュニアヘビー級チャンプを争い、大旋風を巻き起こす。

1985年 映画ビー・バップ・ハイスクールに不良たちを一喝する教師役で出演。

1985年12月 初代IWGPタッグ王座を獲得。

その後、NWA世界ライトヘビー、アメリカス・タッグ、IWGPタッグ、WWFインタータッグタイトルを獲得。

1998年 第18回参議院議員通常選挙に民主党から比例区で立候補するも、落選。

2003年4月18日 引退。その後、新日本プロレスのスカウト部長を務める。

2006年3月27日 新日本プロレスを退社

2011年4月 無所属として、品川区議会議員選挙に出馬。26位にて初当選。

2011年5月 区会議員活動を開始。品川区議会文教委員会、震災特別対策委員会に所属。

必殺技は稲妻レッグラリアット

動画では3分50秒あたりで出てくる。

古館はやっぱりこっちの方がしっくりくるんだが。

木村健吾は現在品川区議会議員に

木村は現在東京都品川区議会議員を務めている。

木村は以前から政治に興味があったらしく、1998年の第18回参議院議員通常選挙に民主党から比例区で立候補したが、その時は落選した。

今年は2期目をめざし、同区議会議員選挙に臨んだが、「黄色靱帯骨化症」という難病を抱えながらの選挙だった。

黄色靱帯骨化症とは脊髄の後ろにある黄色靱帯という靱帯が、骨になって神経を圧迫する難病だったという。

イメージ 10

出典

だが、その難病を乗り越え、見事2期目当選となった。

木村健吾の嫁木村洋子も元区議会議員 

木村健吾の嫁の木村洋子も元目黒区議会議員。

1991年に出馬、当選していることから政治活動については彼女の方が先である。

残念ながら、今年の区議会議員選には落選している。

民主党なので仕方ない。

木村健吾の息子木村寛紀も政治家志向?

木村健吾の息子の木村寛紀も2007年大田区から立候補している。

元プロレスラーの木村健悟さん(53)の長男・木村寛紀さん(29)が、4月の大田区議選に無所属で出馬することが21日、分かった。
 寛紀さんは都議の秘書を務めながら昨秋、出馬を決意。子どもの自殺や家族間の殺人事件が続き「何かがおかしい。昔みんなが持っていたものが薄れてきている。それを取り戻したい」と言う。

引用http://sadironman.seesaa.net/article/34445966.html

があえなく落選。

ネット上にはそれ以降の彼の情報はなかった。

まとめ

http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/24663

ここを見てみると、区議会議員の年収はおよそ1000万円。

夫婦でやると2000万。

息子もやると3000万。

おいしい仕事である。

番組では選挙活動をする木村夫婦の様子が報じられる。

プロレスのオールドファンとして、楽しみに見てみたい。