今度の深イイ話に登場するのは聴覚障害アスリートの高田裕士さんと、その妻である視覚障害アスリートの高田千明さん夫妻。

番組では長男の論樹君も登場するという。

いったいどんな家族なのか調べてみることにした。

出典

スポンサーリンク




高田裕士さんプロフィール

YUJI TAKADA

生年月日:1984年11月3日生 

身長:175cm

体重:67kg

血液型:A型

出身:東京都荒川区出身

学歴:横浜国立大学卒業

経歴:エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社所属

聴覚に障害を持って生まれる。感音性難聴で、最重度の聴覚障害者(両耳の聴力レベルが100dB以上)

高校までは野球部だったが、大学進学後、陸上へ。

2012年トロント世界ろう者陸上競技選手権大会 4x400mリレー銅メダリスト。第一走者として、聴覚障害者の国際大会における日本男子トラック種目史上初のメダル獲得に貢献。

高田千明さんプロフィール

出典

生年月日:1984年10月14日

血液型:B型 

出身:東京都大田区 

経歴:ほけんの窓口グループ株式会社所属

2011年 IBSA WORLD GAMES(視覚障害者の世界大会) 200m銀メダリスト、100m銅メダリスト。全盲日本人女子短距離初のメダリストとなった。
100m、200m、400m、走幅跳の四種目で日本歴代2位記録。
2013年に走幅跳へ転向。走幅跳は2013年世界ランキング7位。
2013年 IPC陸上競技世界選手権大会(※パラリンピックの世界選手権) 走幅跳 決勝6位入賞。

高田千明夫妻の二人の出会いは?

障碍者同士の高田裕士さんと、千明さんが出会ったのは2007年の夏のこと。

学生時代からお互いのことを知っていた二人であるが、裕士さんの方から声をかけたという。

一緒に練習するうちに、いつの間にか付き合うことになったという。

それ以降、夫婦の口癖は「二人で一人」。

夫が妻の目となり、妻が夫の耳となり、互いの障害を補い合いながら日々暮らしているからだそう。

とても理想の夫婦のように見える。

二人の子ども、論樹(さとき)君について

二人の間に長男論樹君が生まれたのは2008年12月27日。

生まれてくる子に障害はないかという不安の中での出産であった。

だが、生まれてきた子は5体満足の元気な男の子。

彼にとっては両親は誇らしく映るらしい。

まとめ

アスリートの世界は我々健常者でもきついと思う世界。

おそらく二人だから乗り越えられる部分も多いと思う。

そして、それを可能にしているのが長男の論樹君。

きっと素晴らしい家族に違いない。

番組を楽しみにしたい。