今度の世界仰天ニュースに取り上げられるのはアメリカコネチカット州の少女の話。

なんと脳が鼻に飛び出たというのだ。

いったいどのような話なのか調べてみることにした。

スポンサーリンク




脳ヘルニアになった少女とは

舞台はアメリカコネチカット州。

アンディとジェイミーの夫婦が、幸せな生活を送っていたところから始まる。

幸せな結婚生活を送る中、更なる幸せが二人を訪れた。

ジェイミーに赤ちゃんができたのである。

二人は大喜びし、赤ちゃんが出てくるのを待っていた。

そして、2週間ほど予定日より早い出産となったそのとき…。

生まれた赤ちゃんを見て、二人は言葉を失ってしまってしまった。

生まれた少女の鼻は、まるで童話のピノキオのようになっていたのである。

病名は脳が鼻に飛び出している「脳ヘルニア」だったのだ。

脳ヘルニアとは頭蓋の中に浮腫や出血が、なんらかの原因で起こり、圧迫された脳が押し出されたという難病である。

調べてみると、過去にも同様の病気で苦しんだ子供がいたということが分かった。

イギリスでも同じような症例があったらしい。

pinocchio.jpg

出典

その赤ちゃんは鼻に飛び出した脳を手術、手術は成功はしたものの、鼻は同じようにはならなかったらしい。

絶望のなか、アンディとジェイミーは医師からある提案を受ける。

「3Dプリンターで鼻を復元してはどうか。」

果たして、鼻は復元できるのだろうか。

復元した鼻についてはネットでは見つけられなかったので、ぜひ番組で確認してほしいと思う。