私の何がイケないの?SPは【レズビアン同性婚スペシャル】。

東京ディズニーシーで挙式した元タカラジェンヌのレズビアンカップルの妊活その後について取り上げられる。

東京ディズニーシーで挙式したレズビアンカップルといえば、元宝塚歌劇団の男役として活躍していた東小雪。

その後どうなったのかについて調べてみることにした。

出典

スポンサーリンク




東小雪プロフィール

生年月日:1985年2月1日
出身:石川県金沢市 北陸学院中学校・高等学校卒業生。
元・宝塚歌劇団花組男役あうら真輝。
2010年秋より、芸名とセクシュアリティをカミングアウトして、LGBTQのための活動を開始。
現在、東京を中心に開催されている、「女の子」が好きな「女の子」のためのお友だち作りイベント<ピアフレンズfor girls>スタッフ。

 

以前、実父からの性虐待を赤裸々に告白したことでも話題になった。

なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白

 

東小雪のパートナーは

一緒に挙式を上げたのは増原裕子さん。

プロフィール

生年月日:1977年12月27日
出身地:福岡県北九州市

どうやら一般の方らしく、詳しい情報はなかった。

 

東京ディズニーシーでの挙式について

東たちが東京ディズニーシーで挙式をあげたのだが、上げるまで紆余曲折があったらしい。

最初は同性カップルでも挙式が可能であるか東京ディズニーリゾートに問い合わせたところ、同性同士の利用は問題ないとされたものの、どちらかがタキシードを着るよう求められた。

それに対して東がツイッターで異議を唱えると、その意見が共感を呼び、ディズニー側に批判が高まったらしい。

その反響をうけ、ディズニーは方針を転換、同性カップルによる挙式を東京ディズニーランドでも認めることを公にも発表した。

翌2013年3月1日、東たちは東京ディズニーシーで式を挙げ、日本のディズニーリゾートで同性挙式をした最初のカップルとなった。

二人の生活については下の著書にくわしい。

レズビアン的結婚生活

そして、妊活へ…

東のブログをみると、人工授精にチャンレンジしている様子が伺える。

しかも二人同時である。

その時のやりとりが面白い。

「年齢を考えて、まずはひろこさんから…。」
「こゆきちゃんも一緒にやってみればいいじゃん! チャンスは多い方がいいよ。」
「えええ? もしももしも同時に妊娠しちゃったら、体力的にも経済的にも大変じゃない!?」
「大丈夫。ふたり同時なんてすごくおもしろそう!」
「産休とか、育休とか? どうなるのかなあ…。」
「なんとかなるよ!」
「初産だし、つわりとか? すごく大変なんじゃない?」
「そんなことなってみないとわからないじゃん。今から心配してもしかたがないよ。」
「…..。」

引用:第54回 妊活、はじめました♡

基礎体温をつけたり、妊娠に必要な栄養分を撮ったり、ストレスのない生活を送ったりしているようだ。

番組では二人の妊活の様子を密着取材している。

出典

そして二人は今回の体験を著書に表している。

おそらく多くの同性愛者に読まれているに違いない。

ふたりのママから、きみたちへ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

まとめ

番組では他のゲイカップルとレズビアンカップルの友人たちと、身体的なこと、自分が産むということ、それぞれの親のこと、職場のこと、経済的なことなどじっくり話し合うことができたそうだ。

人口のおよそ5%が同性愛者だという統計がある。

ということは学校でだったらクラスに一人はいる計算となる。

とすればそれほど珍しいことではないのかもしれない。

こういう社会だから、多様な生き方があってもいいと思う。

個人的には

「妊活、お手伝いしましょうか?」

と言いたいが、言えるわけがない。