『マツコの知らない世界』に日本コロッケ協会の会長、藤井幸大氏が登場するという。

番組のサブタイトルを見ると、コロッケを年間2000個も食べるそうだ。

僕もコロッケは嫌いではないが、おっさんはそんなにコロッケに愛着はない。

おそらく月に1回程度ではないだろうか。

きっと、口の周りがベトベトの脂ぎった中年男に違いない。

さっそく調べてみることにした。

出典

スポンサーリンク





藤井幸大プロフィール

出身:北海道札幌市
出身大学:日本大学工学部
勤務先:サンマルコ食品 商品部 MD室
役職:一般社団法人日本コロッケ協会長兼理事長

サンマルコ食品は「おいしい北海道を、もっとおいしく。」をモットーに豊かな恵みの大地、北海道を拠点に素材・製法にこだわったコロッケ・グラタン・春巻・いももちを主体とした冷凍食品を製造し、日本全国、海外に向けて販売しているそうだ。

だったら年間2000個は不思議ではない。

日本コロッケ協会とは

藤井氏が会長を務めるコロッケ協会とは一体どのような団体なのだろうか。

HPによると

世界で唯一の”クロケット法人”日本コロッケ協会は、
「コロッケから世界の食卓を笑顔にする幸せ革命」をコンセプトに、
日本中に点在する”実はコロッケが大好き”だと自称する
コロッケ革命家(コロッケ協会員)たちと出会い、
そして連帯し、コロッケの奥深い世界観を相互に称賛し合うことで、
コロッケ文化の更なる発展とマーケット拡大を使命とする団体です。

引用:http://www.croquette.jp/aboutus

だそうだ。

確かに出来立てのコロッケは人々を幸せにする要素を持っている。

揚げたての肉屋のコロッケならばなおさらだ。

だが、逆もありうる。

夕食にコロッケ1個。

これほど惨めな食事もない。

たった一つのコロッケだが、そこには状況に応じて奥深い世界を感じることができる。

コロッケニスト認定試験をうけてみた

コロッケ協会ではコロッケを愛する人いわゆる「コロッケニスト」の検定試験を実施している。

http://www.croquette.jp/c_kentei

だれでも無料で参加できるということで、さっそくやってみた。

HP上の問題に答えてメールを送信。

採点は1日近くかかるそうなのだが、何故か15秒で帰ってくる。

答案を採点させていただきました。
日本コロッケ協会ではあなたをコロッケニストとして認定いたします。
ようこそ日本コロッケ協会へ!
今後の認定コロッケニストとしてのご活躍を期待しております。

 おおっ、これで僕もコロッケニストの一員だ。

頑張ってコロッケの普及に協力したい。

また、日本コロッケ協会では、コロッケ好きを証明する唯一無二の証として
「コロッケ革命家」名義の名刺を作成しております。
友人や恋人へのアピール、仕事の名刺に重ねて話題の
きっかけ作りにご活用できます。
とは言え、目的としてはコロッケの食卓革命です。
コロッケ好きな人はこの名刺を見てビビッとくるはずです。
認定コロッケニスト、コロッケ革命家として普及活動の際には
是非ご活用いただきたいと思います。

こういうものまで用意してくれるとは、心強い。

こうしたバックアップがなければ、「変なやつ」で片付けられれてしまうところだ。

実費として¥5,000(税込)がかかります。

必要であれば下記URLより御申込下さい。

そこまでコロッケに思い入れはない。