2015年度後期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で香港、台湾で活躍する日本人俳優ディーン・フジオカ(34)が、抜擢されたということがニュースになっている。

日本ではそれほど馴染みのない俳優であるが、連続テレビ小説に出演ということで注目が集まるであろう。

一体どのような人物なのか調べてみた。

出典

スポンサーリンク





ディーン・フジオカプロフィール

生年月日:1980年8月19日 34才

出身:福島県

身長:180センチ

血液型:A

2012年にインドネシア人の女性と結婚している。

出演作:

2013年 映画「I am Ichihashi~逮捕されるまで~」に初監督、主演。

I am ICHIHASHI 逮捕されるまで [DVD]

2014年 映画「シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸」に出演。

シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸 [DVD]

2014年 ドラマ「探偵の探偵」で連ドラ初出演。

高校卒業後、米シアトルの大学に留学し、大学卒業後は香港でモデル、俳優として活躍。

2006年から台湾に拠点を移し活躍している。

日本語、英語、中国語(北京語、広東語)、インドネシア語の4か国語を操ることができるらしい。

今回の役どころ

今回ディーン・フジオカが演じるのは物語の中心人物の一人、大阪経済界の重鎮・五代友厚役。

後に。「東の渋沢栄一、西の五代」「近代大阪経済の父」と呼ばれた実在の人物である。

ディーンの豊富な国際経験が抜擢の理由だという。

一体どのような演技を見せてくれるのか楽しみである。