今度の私の何がイケないの?で元日本テレビで現在はフリーで活躍中の宮崎宣子アナウンサーが離婚のきっかけとなったルイ・ヴィトンのネックレスを売却することが放送されるらしい。

宮崎といえば離婚の際、テレビで号泣したフリーアナウンサー。

天然キャラで明るい彼女の以外な一面に協会んした女性も多かった。

結局彼女の離婚は一体何が原因だったのだろうか。

出典

スポンサーリンク




宮崎 宣子プロフィール

生年月日:1979年9月4日

出身:宮崎県宮崎市

出身大学:早稲田大学

2002年 日本テレビ入社

2006年 「ラジかるッ」の司会を務め、天然ボケぶりが人気となる。

2009年 顎関節症の治療のため休養。

2011年 結婚

2012年3月 退社

2014年 離婚

現在はテレビ朝日「ゆうゆう散歩」、文化放送「ヒゲとノブコのWEEKEND JUKEBOX」などに出演中。

宮崎宣子の離婚の原因は子供?

2011年末に大手レコード会社勤務の男性(36)と結婚したが、8月に離婚届を提出した宮崎。

その原因は彼女自身の「トゥーマッチ(やり過ぎ)」だったという。旦那はは仕事上、深夜業務や接待などで明け方近くに帰宅することが多く、深酒することもあったため、体調を心配した彼女はほぼ毎日、弁当や野菜ジュースを作ったそうだ。

休日も旦那は家でぐったりとすることが多かったらしい。

一方で宮崎は自身の子供を願っていたらしく、あるベテラン芸能記者は

「宮崎は子供がほしかった。しかし、すれ違い生活で、それがかなえられなかったことが離婚の引き金となったようだ。」

と語っている。

まとめ

今回の番組では彼女自身の男性観を変えた大切にされない女性の悲しい過去が語られるという。

子供を授かり幸せな家庭を築きたかった彼女と、仕事第一で家庭を顧みしようとしなかった旦那との関係が明らかにされると思われる。

そこまで尽くしてくれる嫁さん、なかなかいないんだけどなあ。

うちと交換して欲しいのだが。