今度の情熱大陸は、昨年史上最年少の21歳5か月で全日本剣道選手権を初出場で制覇した竹ノ内佑也が取り上げられる。

竹ノ内が世界剣道選手権に出場するまでの様子が放映されるという。

一体どのような人物なのか調べてみた。

出典

スポンサーリンク





竹ノ内佑也プロフィール

1993年生まれ

宮崎県出身

福岡大学附属大濠高校卒業後、筑波大学進学

筑波大3年のとき第62回全日本剣道選手権で国友錬太朗(福岡県警)を破って初優勝し、学生として43年ぶりに大会を制した。

出典

世界選手権の結果は?

番組では世界選手権出場までの様子が取り上げられるらしいが、先日、その世界選手権が行われ、男子個人戦で竹ノ内は決勝で延長戦の末、網代忠勝(兵庫県警)に敗れている。

 

 

竹ノ内佑也モデルの防具を発見

おそらく史上最年少で日本一になった竹ノ内佑也に一歩でも近づきたい人もいるのではないだろうか。

ネットでは彼が実際に日本一になった時の防具が売られている。

H26年11月3日に行われた

第62回 全日本剣道選手権大会で活躍された

竹ノ内佑也さん(筑波大3年)が

身に纏っていた防具がこの「運命」!!

「通称」 運命~竹ノ内佑也モデル~

刺幅間隔:機械刺3.0分刺鹿革仕立て

胴:勝負飾り/ecoファイバー胴(別注)

引用https://d-kizuna.jp/?p=4283

 

予約販売のみで価格は¥199,800。

興味のある人はいかがだろうか。

まとめ

ここ最近韓国が

「剣道は我が国が発祥」

といちゃもんをつけてきた。

竹ノ内にはこれからも頑張ってもらわないと困る。

是非応援していきたい。