今度のカンブリア宮殿では大ヒットした書籍「体脂肪計タニタの社員食堂」で知られるタニタの社長の谷田千里氏が登場する。

以前は体脂肪計で有名だった会社だったが、彼の活躍で総合健康企業へと進化している。

一体どのような人物なのか調べてみた。

出典

スポンサーリンク




谷田千里プロフィール

出身地:大阪府

出身校:佐賀大学 理工学部

出生年:1972年

こだわり:楽をするために努力する

趣味:読書、漫画、アニメ、ゲーム

特技:どこでも眠れる

休日の過ごし方:仕事がなければ、家族サービスに徹します

座右の銘:「1粒で2、3度おいしい」

心に残る本:『貧乏父さん金持ち父さん』(ロバート・キヨサキ)

アミューズメント施設企画・運営会社や船井総合研究所などを経てタニタに入社。

タニタアメリカ取締役、本社取締役などを経て社長に就任。

「タニタ食堂」、「タニタ健康プログラム」など新しい事業を開始し、タニタを体脂肪計メーカーから総合健康企業へと進化させた。

 

タニタ食堂のレシピまとめ

父親の反対を押し切って調理師学校に通った経験もあり、調理師と栄養士の資格も持つという谷田氏だけあって、やはりメニューにはこだわっているようだ。

ネットではタニタ食堂のレシピがアチラコチラにあった。

代表的なものをまとめてみた。

[タニタ食堂レシピ] タニタ食堂レシピ集まとめ

ネットで見られるタニタ社員食堂レシピまとめ

タニタ] 社員食堂レシピ本 [ダイエット]

タニタ食堂レシピ(500kcal)まんぷくレシピ

タニタの社食”を再現するレストラン「丸の内タニタ食堂」まとめ

社員食堂レシピ本まとめ【社食本】

タニタ食堂 レシピ

まとめ

どうも3代目というと、ボンボンのイメージが強いが、どうやらそうではないようだ。

先代から受け取ったものに満足するのではなく、独自のオリジナリティを加えていく。

今後さらに健康に対する関心は高まっていくだろう。

タニタという会社は更に大きくなっていくような気がする。

注目したい。