次回のカンブリア宮殿に登場するのは創業88年のユニークなデジタル機器やアイデア文房具を次々と発売しているメーカー「キングジム」の社長、宮本彰氏。

「キングジム?知らんがな」

という人もいるだろうが、これを知らない人はいないだろう。

「こ、これは、テプラやがな」

確かにテプラであるが、実はこれ、商品名である。

一般名称は「ラベルプリンター」という。

それくらい「テプラ」という名前は一般的に使われている。

この商品を発売しているのが「キングジム」であり、そのテプラの開発を手がけたのがこの宮本氏である。

一体どのような人物であるのか調べてみた。

スポンサーリンク





宮本彰プロフィール

出典

1954年生まれ。

77年3月、慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、キングジムに入社。

84年、常務取締役総合企画室長、86年9月、専務取締役に就任。

92年4月、代表取締役社長に就任。

趣味はどうやら釣りのようだ。

腕前も相当なものらしい。

image

出典

こちらのサイトでは「釣りが楽しくてたまらない」という普段の宮本氏の顔を見ることができる。

 

キングジムを救った「テプラ」


今ではすっかり一般用語として使われるようになった「テプラ」。

だが、テプラの製造プロジェクトが立ち上がった1985年当時、キングジムが扱っていたのはアナログ文具だけだった。

当然、社内ではデジタル製品である「テプラ」の発売に反対する声が圧倒的だったという。

そこでプロジェクトのリーダーとして任されたのが当時常務だった宮本氏。

「新しい製品を発売しなければ生き残れないと判断していた」と後に宮本氏が語っていたように、キングジムにとっては社運を賭けたプロジェクトだった。

反対派を何とか押し切って、88年に発売した「テプラ」は、大ヒット商品になった。

その後、「テプラ」プロジェクトの成功はユニークな製品を開発する社風を育み、それが近年の「ポメラ」「ショットノート」などに結実するのである。

 

ヒット商品を連発できる秘密とは

その経営手腕も注目に値する。

まず宮本氏はこう言う。

「当社は100%のユーザーに認められる製品を開発する気はない。」

10人のうち1人、つまり10%のユーザーが認める製品の開発に力を入れているというのだ。

確かにキングジムの「ポメラ」。

「こんなん、ネットもできんがな」

「こんなん、ゲームもできんがな」

「こんなん、あんなん見れんがな」

おそらく「こんなん」扱いであっただろう。

だが、社内で商品化の可否を決める取締役会を開いたとき、ほとんどの役員が「売れない」と評価したなかで、一人だけが「これはすごい製品だ」と絶賛したことから商品化に踏み切ったという。

発売当初、筆者もすこぶる欲しかった。

当時から会議の議事録を取るのに、ノートパソコンを使っていたのだが、バッテリーの持ちは悪いし、起動に時間が掛かるし、ハッキリ言って使えたものではなかった。

だからなおさらこのポメラという商品は魅力的だった。

そんな人間もかならずいる。

宮本氏は言う。

製品力で特定のユーザーが確保できる“居心地のいいスキマ”がビジネスを拡大する鍵だと捉えている。逆に万人受けする製品は、いくら購入者が多かったとしても、価格競争に巻き込まれるなど、利益を確保することができずに失敗する危険性が高い。

たしかに今の液晶テレビなんかまさにそのとおりだろう。

今度発売が中止と決まったガラケーももしかしたらその部類に入るかもしれない。

スキマを狙うのは誰だってできる。

スキマを見つけるほうがずっと難しいのだが。

まとめ

宮本氏の好きな釣りで例えるのであれば、まさに小物狙い。

みんなが

「やっぱり鯛でしょ、魚は」

と言って高く売れる鯛ばかり狙っているところに

「イワシを食べたい人もいるだろう」

とイワシを狙って釣っていく。

イワシ料理専門店もあるように、やはり需要はあるわけで。

うまいよな、イワシ。

 

こんなまとめ方でいいのか、俺。