次回の「めざせ!2020年のオリンピアン」には新体操界で今注目の高校生猪又涼子さんが登場するという。

リボンやボールの扱いが上手く、難しい技を次々に決める技術力の高さが魅力の選手のようだ。

「新体操」「高校生」という組み合わせはおじさんの心をぐっと引きつける。

当然どんな人物なのか調べてみることとした。

出典

スポンサーリンク





猪又涼子プロフィール

生年月日:1998年10月10日

高校:長野県西伊那高校3年

伊那西高等学校は、長野県伊那市西春近にある私立女子高等学校。

偏差値は42。

新体操では強豪高校ということで、今年広島で行われた新体操の全国高校選抜大会の女子団体と個人総合で完全優勝している。

新体操を間近で見てきたプロによると、彼女の演技はまさに「タフガイ」だという。

女子高校生にはふさわしくないように思えるが、団体戦と個人戦の両方を戦える選手はそう多くないそうだ。

彼女はその両方で結果を出しているからこそ、そのイメージが浮かぶ。

その専門家は語る。

ジュニア時代から、線が美しく表現力のある選手ではあった。しかし、線の細さゆえに不安定さも同居する選手だった。とくに手具操作では、もったいないミスが出てしまうことも少なくなかった。それが、ほんの数年でこんなにたくましく、強い選手になるとは。驚きだった。

引用http://www.plus-blog.sportsnavi.com/rg-lovers/article/2844

ジュニアの時代からいい結果は出せるものの、あと一歩何かが足りない選手だったという。

だが、本気で頂点を目指し始めたのだろう。

その後の彼女の強さは本物となった。

まとめ

今回の番組ではシドニー・アテネ五輪と2大会連続出場の村田由香里。

出典

猪又の弱点である「表現力」を指導していくという。

タフガイにどのような指導をしていくのか、番組を注目したい。