中居正広の金曜日のスマたちへにビリギャルの実在モデルの小林さやかさんが登場するという。

ビリギャルといえば、現在公開中の「小学校4年の学力しか無いところから慶応大学入学までのサクセスストーリーを描いた」映画。

有村架純主演で、なかなか好評のようだ。

その実在モデルということで注目を浴びそうだ。

出典

スポンサーリンク




ビリギャルモデルの小林さやかの現在は?

映画『ビリギャル』のモデルとなった小林さやかさんは、慶應大学卒業後は、サービス業を志望、大きなブライダル会社に入社した。

その理由として次のように述べている。

「自分の大事な人が同じ日、同じ時間、同じ場所に集まるのは結婚式しかない。親への感謝が伝えられる場でもあり、人生一番のイベントに関わるのは、究極のサービス業と感じた」

しかし、せっかく入った会社を2年半で辞める。

利益ばかり求める会社の方針に嫌気が差したからだ。

「お客様思いじゃない」と違和感を感じたという。

現在、別のブライダル会社に転職。従業員10人ほどの小さなブライダル会社に就職し、ウェディングプランナーとして活躍されているそうだ。

また、慶應大学卒業後に結婚し、幸せな結婚生活を送っている。

その結婚式の演出として、彼女の友人が、香取慎吾のバラエティ番組『おじゃマップ』に依頼し、大ファンであるSMAP香取慎吾が、慎吾ママに変身し、サプライズ登場するという演出もあった。

この様子は27時間テレビのスペシャル企画として放送された。

youtubeにも結婚式の様子がアップされており、その様子を見ることができる。

 

まとめ

今回のビリギャルブームに、彼女は次のように答えている。

ネットで本の感想を読むと、私も頑張ってみよう、とか前向きなメッセージが多くて、それを見ていると泣けてきます。今の私は、こんなに言ってもらえるほど、頑張っているのかな、と。自分も負けないように頑張らなくちゃと思います

昔の自分に励まされるのも悪くはない。