今度のプロフェッショナル 仕事の流儀ではフレンチシェフ・谷口英司氏が登場する。

フランスの世界的名店で修業し、先進的なフレンチの技と、富山伝統の食文化を掛け合わせた料理は世界中から注目を浴びているという。

人口の多い都市部ではなく、富山郊外に店を構えているということだから驚きだ。

一体どのような人物なのか調べてみた。

出典

スポンサーリンク





谷口英司プロフィール

職業:フレンチシェフ

出身:大阪府 豊中市

生年月日:1976年2月7日

料理人一家に生まれ、幼い頃から料理人を目指す。
高校卒業後に就職したホテルでフレンチと出会い
さまざまな日本国内のレストランで腕を磨く。
またフランスの有名レストランでも修行。
34歳で富山へ。富山の魅力を世界に発信すべく
38歳で「レヴォ」をオープン。

引用http://levo.toyama.jp/

 

谷口英司のお店 レヴォの評判は?

さすが世界が注目をするだけにあって、口コミの評価も高い。

オーナーシェフ谷口英司氏は、富山県の郷土色豊かな質の高い食材を用いて、固定概念にとらわれない革命的な料理を提供しています。調理には最新の技法も取り入れ、大胆さと繊細さを併せ持った新しい美味しさを追求しています。お馴染みの食材が、魔法をかけたような料理に変身しているので、驚きと発見の連続に気持ちの高揚を抑えきれません。

さすが、こういう店に行くだけのお客さんである。

書き込みすら気品がある。

普段うどん屋にしかいかない人間にはこんなことはかけない。

せいぜい書けて、

「いつもより、ネギがすくなかったかのー」

というくらいである。

 

店名:レヴォ (L’evo【旧店名】サヴール )

ジャンル:フレンチ、郷土料理(その他)、創作料理

TEL・予約:076-467-5550 完全予約制

住所:富山県富山市春日56-2 リバーリトリート雅樂倶内

交通手段:笹津駅から680m

営業時間:

デジュネ 11:30〜13:00 (LO)
ディネ  18:00〜21:00 (LO)

定休日:水曜日

気になる料理の値段は

出典

HPを見ると、

「これって食べもん?」

と思わせるような料理がズラリと並ぶ。

是非機会があったら食べてみたい。

気になる値段というと…

●ランチコース5,700円(税込・サービス料別)
●ディナー13,500円(同)

のようだ。

およそ1ヶ月の昼飯代(号泣)。