中継ぎで再スタートを切っている日ハムの斎藤佑樹(27)が26日の西武戦で、浅村、森の2発を含む6連打5失点と大炎上。

そして今日も3-8の八回に登板。2死から木村に5号ソロを打たれ、2日連続の失点となった。

2日連続の被弾でネット上では大ブーイングが沸き上がっている。

出典

スポンサーリンク




中継ぎへの配置転換されて5試合目だが、うち3試合で失点。

この2試合で3被弾。

普通の選手ならば、二軍落ちどころか、戦力外通告を受けても仕方のない成績である。

これでは栗山監督の采配にも不満が高まってくるのは目に見えている。

ネット上では

「もう戦力外になってもおかしくないのでは?」

「他の球団なら今オフに戦力外通告されてもおかしくない。」

「年齢的にもそろそろ戦力外でおかしくないな。」

という声も多く、球団としてもファンの声を無視する訳にはいかないだろう。

高校時代の勇姿が強烈だっただけに、今の現状は痛々しい。

たとえ戦力外通告になったとしても、この現状ではどこの球団も引受できないと思われるので、そのまま引退となる可能性もある。

今年の年末、TBS「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」に出演しているかもしれん。