今回のクロスロードでは、群馬県桐生市にある食事処「はっちゃんショップ」の女将、“はっちゃん”こと田村はつゑさんを取り上げるらしい。

このはっちゃんショップ、過去に何度かTVでも取り上げられるほど有名な「食べ放題の店」らしい。

◯◯放題にめっぽう弱い筆者としては、調べずにはおれないネタである。

さっそく調べてみた。

出典

スポンサーリンク





はっちゃんショップ紹介

住所:桐生市相生町2-1024-3
TEL:0277-52-8346
営業時間:11:30~15:00
店休日:日曜日、祝祭日
駐車場:5台
席数:28席
予算:500円~

地図画像

 

 

 

 

 

 

 

はっちゃんショップの女将 田村はつゑさん

このはっちゃん食堂の名物女将が田村はつゑさん。

出典

なんと今年80歳になるというから驚きだ。

しかもおどろくべきことに、このはっちゃんショップ、人が来ればくるほど赤字になってしまうという。

毎月15万円ほどの赤字を出しているらしいが、それを年金で補填しているらしい。

本人曰く、人が喜んでくれるからやめる訳にはいかない、というから商売人の鏡である。

地元の人が言うには、食材も近所の農家の方々からの支援もあるそうだ。

たしかにそうでなければやっていけないだろうし、地元の人も困るだろう。

 

はっちゃんショップのメニューは?

「はっちゃんショップ」では、ワンコイン500円で日替わりのメニュー13品が食べ放題。連日、はっちゃん手作りの味を求めて多くの人が訪れる。

料理は地元のオバちゃんたちが持ち込む野菜を中心に、魚の煮物や焼き物をメインとしている。

作りたての料理は大皿に盛られ、なくなったら終了

その後も料理はどんどん新しいものに入れ替わり、てんぷらも揚げたてが大皿で各席にまわされるそうだ。

雰囲気についてはさすがに桐生市まで行ってみてくるわけにもいかないので、あちらこちらからのブログを紹介させていただく。

はっちゃん 訪問3回目 [500円バイキング]

●桐生・はっちゃん食堂

はっちゃんショップのランチです

 

まとめ

どのブログを見ても、すごく満足している様子が伺える。

でも決してそれは単に安いからだけではない。

写真や、感想からでしかわからないのだが、はっちゃんショップには昔の日本の光景が浮かんできそうな感じがする。

グルメ本やら他人のレビューやら、そんなことはどうでもよくて、

地元の普通のおばちゃんが作ってくれる普通のご飯。

こんな店、いつの間にかなくなってしまったのが悲しい。

いつまでも元気でやってほしいと願う。