今度のペケポンプラスは「ペケポンプラス芸能人は我が子命!!保護者参観でお受験クイズだSP」。

芸能人親子が何人か出てくるそうだ。

その中でも筆者が注目したいのは蛭子能収親子。

息子の一郎君は以前にもテレビに出たことがあるのだが、あのお父さんから、一体どのような息子が育つのか見てみたい。

さっそく調べてみることとした。

写真: 蛭子一郎さん

出典

スポンサーリンク





蛭子一郎プロフィール

1974年生まれ

中学生の頃、自宅にあったパソコンで音楽制作、ゲームプログラミングを独学で覚える。

バンド活動(作曲&ベースを担当)を中心に活動してきたが、その後、企業のBGM・効果音などを制作するようになる

元コンシューマゲームのプログラマー、最近の趣味はUnityを使ったゲーム制作。

 

蛭子一郎の仕事は?

株式会社ノイジークローク

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-13-6 SDI五反田ビル9階
TEL.03-6431-9450

彼はここで爽快感溢れるアクションゲームサウンド、モーションに合わせたUI等のシステム効果音、映画的な動画へのMAなどを行っている。

実際彼が取り組んだ作品はこちら。

http://www.noisycroak.co.jp/staff/ichiro_ebisu.html

見てみるとメジャーな作品にも関わっているようだ。

まとめ

会社の彼のプロフィール欄の最後にこのようなメッセージがあった。

プログラマーとして開発の現場にいた経験をいかし、開発環境に合わせたサウンドの実装周りまで、お客様の細かい要望にもお答えいたします。何卒宜しくお願いいたします!

まあ、息子さんは普通の常識人のようで。