今度のアウト×デラックスにイヤミ課長で話題の個性派俳優・木下ほうかが登場するという。

木下ほうかといえば、スカッとジャパンや相棒への出演でも話題になっている個性的な俳優。

ネットを調べてみると、「ヤンキーだった」「吉本新喜劇に出ていた」「在日?」と言った噂が流れている。

いったいどのような人物なのか、調べてみることにした。

木下ほうか

出典

スポンサーリンク




木下ほうかプロフィール

誕生日:1964年1月24日

星座:みずがめ座

出身地:大阪

性別:男

血液型:O型

身長:173cm

デビュー年:1981年

デビューのきっかけ:映画「ガキ帝国」のオーディションの新聞広告を見て応募

デビュー作品:ガキ帝国 (映画)

 

木下ほうかはヤンキーだった説

以前、あるテレビ番組で

「元ヤン」

だったことを告白している。

その時に公開されたのが下の写真。

出典

うーん。

本物や。

こんな頭はやっていたもんなあ。

だが、この時の経験が後の演技に役立てられることとなる。

岸和田少年愚連隊 [DVD]

木下ほうかは吉本新喜劇出身だった説

ウィキペディアを調べてみると、どうやら、その話は本当だったらしい。

大阪芸術大学を卒業後吉本興業に入り、吉本新喜劇に入団するが、新喜劇の舞台では目立つ存在になれず、また1980年代の新喜劇マンネリ時代と重なり3年で退団した。

当時、新喜劇は今の人気からでは考えられないほど、人気が衰えていた時代であった。

世の中は漫才ブーム。

にも関わらず、旧態依然の演出を続けていた新喜劇はそっぽを向かれ始めていた時代。

その空気を感じて木下が退団していったのも不思議ではない。

木下ほうかは在日韓国人だという説

本名が木下鳳華という珍しい名前であることから、ネット上にはこういった疑惑があるようだ。

しかしそれを裏付けるエピソードはない。

だが、本名の漢字が「鳳華」というのが本当ならば、在日である可能性は高いという。

何故ならば、「鳳」という漢字が人名用漢字に加わったのは1990年4月1日。

とすれば昭和生まれの木下が出生時から「鳳華」を名乗ることはできなかったはずだ。

それに「木下」という苗字も「朴」という韓国人が通名として使うことが非常に多いそうだ。

まあ、どうでもいい話だが。