今度のガイアの夜明けで取り上げられるのはロボット。

これまで人手不足を補う労働力というイメージが大きかったロボットだが、人々の生活に深く入り込む時代が到来しているという。

その代表として番組が取り上げるのがハウステンボスの敷地内にオープンした「変なホテル」である。

スタッフの大半がロボットであるという。

一体どのようなシステムなのか調べてみることにした。

出典

スポンサーリンク





変なホテルとは

「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル」は、今年7月17日にハウステンボス(長崎県佐世保市)の敷地内にオープンした先進技術がもてなしてくれるホテルのことである。

スタッフの大半はロボットで、顔認証システム採用で鍵もなし。さらに室内設備もフロントへの連絡も、クラウド型コミュニケーションサービス「Skype for Business Online」で実現、全てがタブレット型端末操作となる。

確かに高級ホテルや旅館に宿泊するときはともかく、ビジネスホテルなんかのフロントなんか必要ないかもしれない。

現に、ラブホテルなんかはフロント無しでの接客が当たり前であったりするわけで、チェックインと、支払いと、何かあった時の対応さえきちんとしてくれていれば、その間に人間は必要がないかもしれない。

変なホテルの料金は?ただで泊まれる方法発見!

客室は下記の3つの部屋が用意されている。

スタンダードタイプ

スーペリアタイプ

デラックスタイプ

料金については、他のホテルと同様、平日が一番高く、休前日が最も高い設定である。

変なホテル予約方法 1

出典

だが、予約システムがほかと違うのが、

「入札で予約する」

ということ。

”入札で予約する”とはこの「最安値」と「最高値」と間で入札をしていって、一番高い人が泊まれるという仕組みになっている。

どうしても泊まりたいという人には

「即決で予約する」

という方法があり、最高値で入札することによって予約が完了できる。

料金を自分で決められるというこの方法、受け入れられるかどうか注目される。

 

なお、この変なホテルにただで泊まる方法がある。

その方法がこちら

ちなみに申し込みは2015/8/31までなので気をつけたい。