今度のカンブリア宮殿で取り上げられるのはシニアを夢中にさせる旅行会社として注目を集めている、クラブツーリズムの社長岡本邦夫氏

“どこに行くか”ではなく、“何をするか”に重点を置き、ユニークな企画のたびを提案しているという。

一体どのような人物なのか調べてみることにした。

  出典

スポンサーリンク




岡本邦夫氏プロフィール

生年月日:1946年10月14日

学歴:明治大学商学部卒業

経歴:

  • 昭和44年4月近畿日本ツーリスト㈱入社
  • 平成11年1月クラブツーリズム事業本部副本部長兼営業管理部長兼海外旅行営業部長
  • 平成14月3月取締役企画室部長
  • 平成16年3月取締役退任
  • 平成16年3月クラブツーリズム㈱取締役
  • 平成18年6月代表取締役社長

クラブツーリズムのツアーと評価は?

クラブツーリズムは現在は近鉄グループの傘下にある。

ネットや電話、「旅の友」と呼ばれる旅行情報誌の配布などで販売を行っているそうだ。

主の中高年層をターゲットにした旅行プランのため、口コミ評価も辛口のものも多い。

 

満足している人たちのコメントを見てみると、

スタッフさんが優しいです

楽しい。

ヨーロッパ贅沢旅行★

お気に入り

6/17より10日間イタリアの旅、良かった

引用:http://minhyo.jp/clb/

 

これに対して不満足のコメントが酷すぎる

あまりにもひどい。

ツーリズムにもこんな従業員がいるなんて・・・

あほばかり

最低最悪

北海道のガイド…最悪

添乗員はずれ?

バスガイドは別料金です

最低、あり得ない、訴えたい!、

添乗員の二つの顔

めちゃくちゃ

最低

差額の返金なし

混雑で長時間渋滞しようが、集客さえできればお構いなし。

テリーツアーではなくミスツアーでしたよ

馬鹿ばっかり

全てがひどい

引用:http://minhyo.jp/clb/

正直、このサイトの口コミを見ているだけで、気分が落ち込んでくる。

みんなおそらく楽しみにして集まってきているだろう。

だからこそ、反動も大きいのではないだろうか。

まとめ

口コミを総合してみると、

どうやら海外ツアー組はほぼ満足しているようだが、

国内ツアーに関しては満足しているものを探すほうが大変

その不満の多くがどうやら添乗員と、名ばかりの観光計画に向けられているようだ。

ネットの時代、口コミを無視して商売はできないのだが…

果たして、この逆境に岡本氏はどのように立ち向かうのか。

番組で何を語るのか見てみたい。