次回のカンブリア宮殿に登場するのは、 テンポスバスターズ創業者である森下篤史氏。

飲食店向けの厨房機器のリサイクルを手掛け、業績を拡大している。

特に注目を浴びているのはユニークな社員教育

そのおかげで倒産寸前だった会社を救ったという。

社長自らも昔ヤクザを相手に練習した経験を持つらしい。

一体どのような人物なのか調べてみることにした。

森下 篤史 社長

出典

スポンサーリンク





森下 篤史プロフィール

1947年静岡県生まれ。

1971年静岡大学教育学部卒業、同年東京電気(現東芝テック)入社。

食器洗浄機メーカーへ転職した後、1983年共同精工(現キョウドウ)設立、代表取締役社長就任。

1997年テンポスバスターズ設立、代表取締役社長就任。

出典

2002年12月ジャスダック上場を果たす。

こちらのお店、今や全国各地にある。

うちの近所にもあるので、たまに覗いてみるが、業務用の調理器具が手頃な値段で手に入るのがありがたい。

料理好きの人ならば楽しいお店である。

森下篤史社長はトップセールスマンだった!

森下氏は東芝テック時代、無敵のトップセールスとして業界でも有名だったらしい。

だが、入社当初は売上0の日々が続いていたという。

転職も考えていたある日、

「トップセールスを見たい」

と全国の営業の達人に、同行させてもらったらしい。

そこで学んだことは、

「商品を売り込まず、自分を売り込む」

ということ。

 

たしかに出回っている商品というのはハッキリ言ってそれほど差はない。

売上を大きく変えていくのはやはり営業の力だといえるだろう。

じゃあ、営業の差は一体何か。

自分という商品をいかに売り込むか、ということではないだろうか。

 

コツを掴んだ森下氏は営業利益をあげ、挙句の果てには展示会への出典や、他社製品の仕入れなど、独自のビジネスモデルを展開していくこととなる。

その後、森下氏は東洋テックを退社、新たに食器洗浄器メーカーに入社する。

そこでも抜群の売上を上げるが、乗っ取りを恐れたオーナーに追い出され、独立。

テンポスバスターズを立ち上げた。

 

森下流の社員教育とは

森下氏が注目されるのは、業務内容だけではない。

その社員教育も面白い。

・完全実力主義

テンポスバスターズは社長の椅子すら「社長決定レース」を行っている。

同社の稼ぎ頭である「店舗マネージャー」としての職務を6カ月間行い、予算目標の達成や人材育成、営業活動などを点数化して競う。社長にもその例外は適用されない。

出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/291322/

確かに実力主義を掲げる会社は多いが、社長は普通入らんだろ?

社長は防衛戦に備え、は毎朝5時に起床、腕立てなどの体力づくりを欠かさないそうだ。

なんちゅう会社だ…。

 

・工夫しちゃいけない

「長時間労働を経験してから効率を考えろ」というのが、森下氏の考え方。

森下氏曰く、

「ヘトヘトになるまでやって、もう限界だと思ったときに、初めて工夫することを考える。最初っから効率よくやろうなんて考えちゃダメ。」

という。

だが、何事も極限まで追求することで次のステップが見えてくるわけで、

同社の研修には

「とことんまで大声を出させるトレーニング」

があるらしい。

そうすることで

「限界は超えられるもの」

ということを知っていくという。

体育会系の部活動である。

 

まとめ

ここまで部下に限界を求める森下氏であるが、自分を磨くためにヤクザを使ったこともある。

独立した頃、気の小さい男に戻ってしまうことを恐れた森下氏は部下がヤクザとトラブルを起こした時、一人でヤクザの事務所に行ったらしい。

500万円よこせといわれたんだが、俺は『最悪で500万円で済むんだったら』と思って、懐に現金500万円を忍ばせ、ヤクザの事務所に1人で訪問した。
俺は3万円だけ出して、土下座で「これで勘弁して下さい」といったら何度も叩かれて痛いし恐い。でも1時間どつき回されているうちに、奥から親分らしき男が出てきて『それぐらいで勘弁してやれ』という。結局、3万円で済んだし(笑)、普通ならできないことを経験して随分鍛えられたよ。

引用:http://allabout.co.jp/gm/gc/291422/3/

いや、研修先としてそこを選ぶのはどうなんだろうか…。

番組では何を語ってくれるのか。

楽しみである。