今度の情熱大陸では画家の山口晃氏が取り上げられるという。

甘いマスクで古風な語り口。

その人柄からサイン会や講演会の満席はもちろん、新作の依頼が殺到しているという山口晃氏。

一体どのような人物であるのか調べてみた。

出典

スポンサーリンク





山口晃プロフィール

画家

1969年 東京都生まれ 桐生市育ち

1994年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

1996年 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了

2012年11月 平等院養林庵書院に襖絵を奉納

出典

 

彼の作品は大和絵や浮世絵を思わせる伝統的な手法を採り入れつつ、時空を自由に混在させ、人物や建築物を緻密に描き込む作風で知られる。

なぜそのような作風になっていったのだろうか。

大和絵や浮世絵というと日本画をイメージするのだが、山口氏は大学では洋画を学んでいる。

作品自体も伝統的な日本画の顔料ではなく、西洋画材の油彩や水彩、ペンで描いているそうだ。

だからであろうか、彼の作品には日本美術の伝統を強く感じるとともに、ポップな印象を受ける。

なぜこのような手法で絵を描くようになったのだろうか。

 

ここまで行き着くには彼自身悩みに悩んだという。

それまでの日本の美術界は西洋の美術を常に進んだものとして捉え、そのモノマネを繰り返してきた。

もちろん、それに対して独自の美学を貫こうとしてきた先人もいたのだが、結局は表舞台に出ることはなかった。

そんな日本の美術のあり方に疑問を感じた山口氏は一体何をどう描けばいいのかわからず、描くことに恐怖を覚えたという。

 

だが、ある展覧会で見た大和絵が彼の気持ちを大きく変える。

西洋の美術が日本に入ってくる前の伝統的な日本画に活路を見出そうとした。

つまり、日本美術を自分の手で「近代化」することを決めたのだ。

だが、その当時日本美術に対する知識は殆どなし。

それが彼にとってはプラスとなる。

外国人が日本文化を吸収するように、彼も浮世絵やびょうぶ絵、絵馬や地獄絵、合戦図など日本の古美術を貪欲に吸収していった。

 

山口晃の作品の値段は?

そんな彼の作品はネット上ではこちらのサイトで見られる。

ミヅマアートギャラリー

是非興味のある方はじっくりご覧頂きたい。

ちなみに、この作品を取り扱っている販売店によると、こちらの値段は120,000円

百貨店圖 日本橋 新三越本店

出典

こちらは200,000円

頑張れば、手の届かない範囲ではない。

これ欲しいなあ。

 

まとめ

初めて作品をじっくり見たが、日本人ならだれでも心惹かれる作品ではないだろうか。

古いようで新しい、まさに温故知新の作品である。

ぜひ本物も見てみたいものである。