今度のたけしのニッポンのミカタ!は「真夏に大繁盛!?満員御礼の店スペシャル」ということで満員御礼の店が紹介される。

特に注目したいのは「日本一高いところの雲の上のパン屋さん

標高が高いにもかかわらず、行列ができるほど人気のお店らしい

いったいどういうお店なのか調べてみることにした。

出典

スポンサーリンク





日本一高いところの雲の上のパン屋さんとは

このパン屋さんであるが、横手山頂ヒュッテという宿にある。

横手山頂ヒュッテは、標高2,307mにあり、北アルプスや富士山・佐渡島など360度の眺望がのぞめ、雲海・夕陽を見ながらの夕食は特におすすめだそうだ。

今回番組で取り上げられるのは、その宿の中にあるパン屋さん。

標高の高いところでパンを作るのは難しいそうなのだが、今から50年前、神戸出身の奥様が“山頂でも美味しいパンを食べたい”、ということから始まったそうだ。

それが常連さんに好評で、パン屋をやることに。

売切れ続出!毎朝、山頂で焼き上げる「横手山頂ヒュッテ」のパン

出典

いまでは、開店時間に合わせてわざわざ足を運ぶ人がいるそうだ。

パンが並ぶのはリフトが動き出す朝9時頃~午後3時までだが、売り切れることも多い。

行ったことのある人のブログを読んでみると、

パン屋さんがあるのかと思っていたら、カウンターに8種類くらいのパンが2段になった並んでいるだけでした。どのくらい並んだでしょうか・・・お店の外まで並んでいて、よく分からないので一番後ろに並んでいました。少しずつ進んで、聞いたらパンを買うのに並んでいました。やっと建物の中に入った時点で40分待ちと・・。制限をしていないので、みなさんかなりの数を買っていくようで、やっとパンが焼き上がってきても、すぐに無くなってしまいます。そしてまた20分・・・。やっと買えると思ったら種類は3種類しか残っていませんでした。頼まれていたので2人分、リンゴとあんぱん、クリームチーズを2個ずつ購入。そのまま待っていれば次の焼き上がりを買えたのですが、また20分待たなければいけないので残念ですが、あきらめましたthink

引用:http://suzunone.jisseki.net/2012/09/20129-5c9a.html

ここまでしてパン食べたいのか?と思ったりしたが、パン好きにはたまらないそうで、味のほうは相当おいしいらしく、わざわざ行く価値がありそう。

冷めても十分美味しいので、上記のブログの管理者は数多く食べたいのであれば、平日行くことをお勧めしている

ぜひ機会があったら行ってみたい。

出典

〒381-0401
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7149-17
横手山頂ヒュッテ
TEL:0269-34-2430
fax : 0269-34-2585

営業時間
レストランの送迎  13:30・渋峠最終 
パン        9:30~      (数量限定です。)
喫茶        9:30~14:30
レストランお食事  9:30~14:00
レストラン閉店   14:45 
宿泊        14:30~ 9:00
定休日       不定休